下田の奥座敷 蓮台寺エリアを愉しむ
湯の華小路
下田の奥座敷
幕末の歴史情緒漂う石畳の小路には、温泉の湧き出るスポットや吉田松陰ゆかりの史跡、雰囲気のある古民家が立ち並び静寂の時が流れています。
吉田松陰寓寄処
皮膚病を治療した部屋
ペリー艦隊にて海外密航を企ていた吉田松陰は皮膚病を患っており、蓮台寺の医師村山行馬郎の治療を受けるため村山邸に滞在しました。現在は松陰の浸かった温泉風呂や宿泊した部屋を見ることができます。
広台寺
隠れた花の名所
坐高60cmの十一面観音菩薩像を祀る、伊豆の横道三十三観音十九番札所。かつては蓮台寺の那岐里山にあり桂昌庵と呼ばれ慶長17年(16212)、格雄和尚によって現在の地に移されたとされたと言われてます。裏山には4月に見事な花を咲かせるしゃくなげが植えられています。
当荘裏側の小路。約640mの石畳の小路 当荘より徒歩1~2分 当荘より徒歩2~3分
大日如来坐像
国の重要文化財
蓮台寺にひっそりと佇む天神神社に大切に保管されており、本名を、摩訶毘廬遮那仏(マカビルシャナブツ)と言い「真言密教のご本尊で、宇宙を照被する大日輪を意味し、一切世間の万物を哺育する慈愛・・・」(広辞苑)と称されています。
お吉が淵
悲劇の女性、唐人お吉
下田一の美人芸鼓と言われ、ハリスの世話役として奉公にあがったお吉が、時代の波に翻弄され、生涯を閉じたのが「お吉が淵」です。お吉の命日3月27日には、お吉祭りが行われます。
農産物直売所「旬の里」
地元でも人気の直売所
飾りっけのない小さい店が並び朝摘みの野菜に自分で値をつけ、ここで販売しており、「安くて新鮮」と地元客でにぎわっています。土から直接届けられる野菜や果物は色艶もよく味もフレッシュです。

当荘より徒歩5分 当荘よりお車で約5分 当荘よりお車で約5分
上原近代美術館
伊豆の山々に囲まれた美術館
セザンヌ、ルノワール、マティス、ピカソなどの西洋近代絵画のほか、梅原龍三郎、安井曽太郎、須田国太郎、川合玉堂、伊東深水など日本の絵画、またマリーニ、マンズーなどの彫刻と多彩なコレクションのなかから、季節ごとにテーマを変えて展覧会を行なっています。
当荘よりお車で約15分
幕末の歴史と異国情緒を愉しむ
下田の石がワシントンDCに
ペリー来日中にワシントンDCでは初代大統領ワシントンの偉業をたたえた記念塔の建設中で、塔の内部の壁には世界中の石をはめ込むことになっていました。 ペリーは日本から下田の石を持ち帰り、その石は記念塔にはめ込まれました。 今でも塔の内側に「五月伊豆の国下田より出す」と刻まれた下田の石を見ることができます。 この石は地元では「伊豆石」と呼ばれ、加工しやすいことから、古くから石塀や石蔵に使われています。
下田にカーター大統領を呼んだ男
1979年、下田に現職のアメリカ大統領が来ました。大統領を呼んだのは第22代駐日米国大使マイケルJマンスフィールド氏です。マンスフィールド氏は「日米の揺ぎない関係は下田から始まった」として、何度も下田に足を運び下田との親善を深めました。 東京サミットに出席するカーター大統領に下田を訪れることを推薦し、米国大統領主催の「対話集会」を開催。世界に衛星配信されました。氏には下田市名誉市民の称号が贈られています。

ペリーロード
レトロな街並みを散策
幕末、黒船に乗ってやってきたペリー提督が歩いたとされるペリーロードは、平滑川沿いに 約700m続く柳並木と石畳が美しい小径で、石造りの蔵や、なまこ壁の古民家を利用したアンティークショップやカフェなどのレトロな店が並ぶ人気スポットです。
ハリスの小径
静けさが漂う小径
幕末から昭和にかけての歴史が凝縮された下田湾を望む約700m続く石畳の遊歩道は、のどかな港町の風景と夕陽が綺麗なことでも知られています。
ペリー艦隊来航記念碑
下田ゆかりの人物
下田条約締結に向けてこの地に上陸したペリー一行の来航を記念して建てられたペリー提督の胸像は下田が開国町であることを証します。
当荘よりお車で約15分 当荘よりお車で約25分 当荘よりお車で約15分
宝福寺
龍馬ゆかりの寺
勝海舟が山内容堂に坂本龍馬土佐藩脱藩の罪の赦免をした「謁見の間」の一部が当時のまま保存されています。また、日本初のアメリカ総領事ハリスのお世話役お吉の墓が隣接するお吉記念館内にあります。
了仙寺
下田条約締結の地
ペリーと幕府の交渉場所となり、下田条約を結んだ国指定史跡で、境内にある黒船美術館には、ペリー・黒船・幕末・異文化交流をテーマとした3000点を超えるコレクションが展示されています。
玉泉寺
日本初のアメリカ総領事

米国総領事タウンゼント・ハリスの領事館当時愛用の遺品や関連資料、古文書等が多数展示してあります。特に柿崎村名主 浜田与平冶の日記は、領事館当時の出来事を正確に伺い知ることが出来ます。その他吉田松陰の遺品なども鑑賞することができます。
当荘よりお車で約10分 当荘よりお車で約15分 当荘よりお車で約20分
長楽寺
日露和親条約調印の寺
日露和親条約のときロシアの船は沈没。
1854年、日露和親条約を結ぶためプチャーチン提督を乗せた軍艦ディアナ号が下田に来ました。ディアナ号は長さ52m、大砲52門、乗員500人を乗せた2000tの木造帆船でした。締結の準備中、不運にも大地震が発生し大津波が下田を襲い、ディアナ号は自力航行が不可能になりました。さらに修理のため西伊豆・戸田へ曳航する途中、嵐で船は駿河湾に沈没してしまったのです。
当荘よりお車で約15分
ディアナ号沈没で日本近代造船は発展
ディアナ号の碇
大津波と嵐で沈没してしまったディアナ号でしたが、乗組員は村人に無事救助されました。 その後、日露和親条約は無事締結できましたが、船をなくして帰ることができないロシア人ために戸田の船大工と住民は協力し、新たな洋式帆船を作りました。プチャーチンは住民に感謝しつつ帰国しました。 この時、造船に関わった船大工・緒明嘉吉、菊三郎父子は横須賀の浦賀に造船所をつくり、日本の近代造船に貢献しました。

龍馬 志の像
ゆかりの地、下田
幕末の風雲児「坂本龍馬」。異国の脅威に日本の将来を案じて流浪の旅に出た龍馬は、勝海舟と出会い下田へ。夢や志を持ち続けた龍馬が見つめる先には下田湾が広がり、「志の像」が悠然と佇む場所です。
白浜神社
伊豆最古の宮
御祭神は、伊古奈比咩命は、三島大明神、見目、若宮、剣の御子の五柱の神様です。境内には樹齢200年とも言われる巨木がそびえ、白浜の名の通り、下田市にある白浜の横に建っており、裏手には青い海と白い砂浜が広がる清々しい社です。
当荘よりお車で約15分
当荘よりお車で約20分
伊豆下田のまちを愉しむ
寝姿山
四季折々の花に囲まれて
女性の仰向けの寝姿に似ているところから 寝姿山の愛称で呼ばれています。 山頂からは下田市街に下田港、伊豆七島そして美しく雄大な天城連山を一望することができる 「伊豆三景」のひとつ で、絶景の名所として広く知られています。 
下田ロープウェイ
絶景を愉しむ
ロープウェイからは、下田市街と下田湾の絶景が望め、山頂の花公園には、四季折々の花が咲きます。ドレスを着て記念写真の撮れる蓮杖写真記念館では、日本最初の商業写真家・下岡蓮杖の貴重な遺品の数々を公開しています。
愛染堂
縁結びの名所
下田ロープウェイの山頂にある愛染堂は、敬愛、子宝、縁結びなど特に女性には、肝要の守本尊として地元の方や各地の方々に広く信仰されています。願い事を大人気のハートの絵馬に込めてはいかがですか。
当荘よりお車で約10分
当荘よりお車で約10分
当荘よりお車で約10分
黒船遊覧船 伊豆クルーズ
憧れの黒船での遊覧
ペリー艦隊の旗艦サスケハナ号をモチーフにした黒船遊覧船で、弁天島や下田湾を一周する約20分のコースでは、下田湾から見る街の風景や連なる山々を楽しめます。
下田海中水族館
海に浮かぶ円形水族館
”伊豆の海の再現”をテーマに50種、5,000点の魚の生態が見られます。 イルカショーやアシカのショーを始め、海の仲間たちの楽しいショーが行われ、イルカと触れ合う4種類のドルフィンコンタクトが人気です。
下田公園
下田情緒を満喫
下田港を望む小高い丘にある自然公園で、園内の各所にある展望台からは変化に富んだ風景を望むことができます。静寂に包まれた園内には、カーター記念碑や下岡蓮杖の碑などがあり、散策しながら下田情緒も満喫できます。
当荘よりお車で約15分 当荘よりお車で約20分 当荘よりお車で約15分
道の駅「開国下田みなと」
“おいしく”くつろげるスポット
4階建ての館内は「歴史の交流館」と「海の交流館」の二つのテーマに分かれており、「歴史の交流館」ハーバーミュージアムでは、下田の昔から現在までが分かります。下田特産の新鮮な海の幸・山の幸を食べたり買ったりできます。

当荘よりお車で約15分
伊豆下田の海を愉しむ
鍋田海水浴場
波が静かで家族連れに人気
波が静かで小さな入り江では、磯遊びができ、子供連れの方々に人気が高く、穴場的海水浴場です。
外浦海水浴場
遠浅の浜辺で砂遊び
入り江にできた小さなビーチは、透明度も高く女性に人気があり、沖合はウインドサーフィンやシーカヤックのメッカとしても知られています。
龍宮窟
ハートのカタチが人気
上から見下ろすとハートの形で、下から見上げると天井がぽっかりと空いた不思議な空間で、大地のパワーを感じられる人気のスポットです。
当荘よりお車で約25分 当荘よりお車で約25分 当荘よりお車で約30分